2015年05月21日

OS環境複製時はマシンSIDの変更が必要

環境複製時(Hyper-VでのゲストOS複製、物理ディスクのクローニング時など)、マシンSIDを変更しないとネットワーク上でいろいろ問題が発生してしまう。
(WindowsServerUpdateService上、同一マシンに認識されてしまったりとか...)

◆マシンSIDの確認方法
PsGetSidツールで確認できる。
(OS標準では含まれていないので、Windows Sysinternalsからダウンロード。)

◆マシンSIDの変更方法
sysprepツールを使用する。
(Windows7以降であれば、OS標準で%SystemRoot%\System32\sysprepフォルダに存在する。)

sysprepのダイアログで「一般化する」をチェックして実行すると、SIDの他、ハードウェア情報やプロダクトキーなども削除される。(マスターイメージが作成できるので、新規マシンを複数導入し、社内に配布する際などは有効。)

cf.
マシン SID の重複神話
sysprepで環境複製用のマスタ・イメージを作成する
仮想マシン ディレクトリをコピーしたら Windows SID を変更する必要がある
posted by rocknfields at 19:22| Windows設定/環境構築

2011年12月08日

既存マシンを仮想マシンへ移行

下記ツールにて、既存マシンのDiskを仮想ドライブイメージ(VHD)へ変換可能。
このVHDをVirtualPCにて起動すれば、旧マシンや環境をホストマシンに集約できる。

・変換ツール
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/ee656415.aspx

・参考
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1228disk2vhd/disk2vhd.html
http://hddnavi.jp/focus/windows7_2_2.html
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/install-and-use-windows-xp-mode-in-windows-7
posted by rocknfields at 11:09| Windows設定/環境構築

2011年11月10日

Windows7 Pro の言語変更

Windows7において標準で言語切り替え可能なのは、Ultimate と Enterprise のみ。
ProやHomeなどでも言語パックが有れば、基本的には、切り替え可能。
以下、日本語版Windows7Proを英語化する場合の例。

1.英語の言語パックを用意
言語パックのファイルを任意のフォルダに配置する。(以下、%langpack_path%と表記。)

2.言語パックの追加
コマンドプロンプトを管理者モードで開き、以下のコマンドを実行する。

dism /online /Add-Package /PackagePath:%langpack_path%\lp.cab

3.レジストリの変更
レジストリエディタで以下を変更する。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Language]
Default=0409
InstallLanguage=0409


4.地域と言語の設定変更
コントロールパネルの「地域と言語」(Region and Language)にて、場所や入力方法などを適宜変更する。
(日本にいて、日本語入力をメインに使用するなら変更は不要の筈。)

5.起動時言語の変更
コマンドプロンプトを管理者モードで開き、以下のコマンドを実行する。

bcdedit /set {default} locale en-us

※備考
最大の問題は、言語パックの入手方法。
MS-TechNetに加入していれば、D/L可能。
posted by rocknfields at 16:20| Windows設定/環境構築

2011年09月26日

日本語名フォルダのシンボリックリンク

リソースキットに含まれる linkd では、日本語名のフォルダ/ファイルが接合エラーとなる。
TechNetから別途ダウンロード可能な junction では、とりあえず接合は正常に行える。
(但し、接合しているものの一覧を表示した際など、??と化けてしまう。この為、後日、接合設定した内容を確認するのが困難。一応、シンボリック機能としては使えるが管理をどうすべきか...。)

cf.
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896768
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/991fjunction/fjunction.html

対象:
Windows Server 2003, Windows XP

※Windows Server 2008, Windows Vista/7 では標準で mklink があり、問題なし。
posted by rocknfields at 18:13| Windows設定/環境構築

2011年07月02日

Windows 7 Enterprise の Activation

TechNetなどで提供されたボリュームライセンスの製品(Windows 7 Enterprise等)は、プロダクトキーをマルチライセンス認証キー (MAK) に変更し、Activationする。

対象:Windows 7, Windows Server 2008

1.コマンドプロンプトを管理者権限で開く
    スタートメニューのコマンドプロンプトを右クリック、[管理者で実行]を選択。

2.プロダクトキーの変更
    slmgr -ipk xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx

3.Activataionの実行
    slmgr -ato

cf.
http://support.microsoft.com/kb/929826/
posted by rocknfields at 17:27| Windows設定/環境構築

2011年06月29日

エクスプローラの表示更新

エクスプローラでファイル/フォルダの削除/リネーム時に表示更新されない現象の回避
以下のレジストリエントリを追加。(対象:WindowsXP,7など)

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

NoSimpleNetIDList = 1 (DWORD)

cf.
http://support.microsoft.com/kb/823291/ja
posted by rocknfields at 09:36| Windows設定/環境構築