2012年12月20日

Cronで定期的な処理を実行

QNAP NASでcronを利用しシェルを定期的に実行する方法

下記、共有フォルダ Temp 下の全ファイル&フォルダを毎朝5時に削除する場合の例。

◆シェルスクリプトの作成

vi /usr/local/bin/TempClean.sh
#!/bin/sh
rm -r -f /share/Temp/*.*

◆実行権の付与

chomod +x /usr/local/bin/TempClean.sh

◆crontabへの登録

vi /etc/config/crontab
0 5 * * * /usr/local/bin/TempClean.sh

Note:
一般的なジョブ登録方法 crontab -e では、再起動でクリアされてしまう。

◆crontabの再起動

crontab /etc/config/crontab

cf.
QNAP Wiki (Add items to crontab)
QNAPでCRONをいじる方法
バックアップを自動でやりたい
posted by rocknfields at 20:03| QNAP NAS

2011年12月30日

CrashPlanでBackup (ARM CPU model w/ JRE)

以下、ARM系CPUモデルのNASでCrashPlanを使用する為の手順

◆ダウンロード
以下の3ファイルをダウンロードする。

・CrashPlan QPKG 3.0.3_18
・CrashPlan QPKG 3.2.21

・JRE QPKG
※解凍し、qpkgを取り出しておく。

・JRE (v1.6.0.10 linux arm5)
※Oracleサイトより最新のJREを取得してもインストールでエラーとなる(QPKGとの整合が取れていない模様)。

◆デプロイ
ダウンロード/解凍した3ファイルをNAS上の任意の共有フォルダにコピーする。

・ejre-1_6_0_10-ea-b39-linux-armv5-sflt-eabi-headless-eval-31_jul_2009.tar.gz
・JRE_6_arm-x19.qpkg
・CrashPlan_3.0.3_18_arm-x19.qpkg
・CrashPlan_3.2_21_arm-x19.qpkg

Note:
コピー先はデフォルト共有のPublicが推奨。
他のフォルダでは、インストールエラーとなる場合有り。
また、他のマシンの共有フォルダを使用した場合は、インストールエラーとなる。

◆インストール&起動(有効化)
以下の各qpkgファイルを順次、[INSTALL]&[ENABLE]する。

1.JRE QPKG
2.CrashPlan QPKG

・インストール方法:
管理画面の[Application Servers]-[QPKG Plugins]-[INSTALLATION]タブにおいてファイルを選択し、[INSTALL]ボタンを実行。
・イネーブル方法:
[QPKG INSTALLED]タブにおいて、当該の QPKG icon をクリックし、[ENABLE]を実行。

Note:
JRE QPKGのインストール時、同一フォルダにJREが存在すれば、同時に解凍/インストールを行ってくれる。
(言い換えると、有効なJREが存在しないと、インストールエラーとなる。)

◆バックアップ設定(クライアント画面の起動方法)
管理画面では設定等を行う事はできないので、他のPCより接続しNASのバックアップ設定を行う。
1. いずれかのPCにCrashPlanをインストールする。
2. テキストエディタで %ProgramFiles%\CrashPlan\conf\ui.properties を開き、serviceHostのIPアドレスを対象のNASに変更し、コメントアウトを外してセーブする。(名前解決できる環境ならばホスト名でも可。エントリはコメントアウトされているので行頭の#は削除が必要。)
3. PCのサービス(CrashPlan Backup Service)は不要なので停止する。(起動プロパティも[手動]か[無効]にしておく)

以上でスタートメニューよりCrashPlanを起動すれば、NAS上のClashPlanに接続できる。
(CrashPlanサイトではポート変更して、SSHをトンネルする方法が説明されているが、NASの設定を行う為だけであれば上記のみで充分。)

cf.
http://www.turbonas.com/phpBB3/viewtopic.php?f=18&t=870
http://forum.qnap.com/viewtopic.php?f=121&t=39078

※2012/03/20追記
 2012/03/17頃より CrashPlan_3.0.3_18_arm-x19.qpkg にて接続不能となった。
 CrashPlan_3.2_21_arm-x19.qpkg に更新し、復旧。
posted by rocknfields at 12:12| QNAP NAS

2011年12月17日

ファームウェアリカバリ方法

カスタマイズ失敗で起動不能になったケースなどでも、QNAP純正のファームウェアにリカバリ可能。

http://wiki.qnap.com/wiki/Firmware_Recovery

http://coaster-serv.com/2011/12/10/qnap-ts-219p-ii-fw%E6%9B%B4%E6%96%B0%E5%A4%B1%E6%95%97/
posted by rocknfields at 19:56| QNAP NAS