2013年02月03日

apacheでasp.net on GMO VPS(VZ)

コンパイラのインストール
yum install gcc bison pkgconfig glib2-devel gettext make

作業ディレクトリに移動
cd /usr/local

monoのソースをダウンロードして、ビルド&インストール。
wget http://download.mono-project.com/sources/mono/mono-2.10.8.tar.gz
tar zxvf mono-2.10.8.tar.gz
cd mono-2.10.8
./configure --prefix=/opt/mono
make
make install
cd ..

monoへパスを通す
echo export PKG_CONFIG_PATH=/opt/mono/lib/pkgconfig:$PKG_CONFIG_PATH>>~/.bash_profile
echo export PATH=/opt/mono/bin:$PATH>>~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

monoの稼働確認(バージョン確認)
mono --version

XSPのソースをダウンロードして、ビルド&インストール。
wget http://download.mono-project.com/sources/xsp/xsp-2.10.2.tar.bz2
tar jxvf xsp-2.10.2.tar.bz2
cd xsp-2.10.2
./configure --prefix=/opt/mono
make
make install
cd ..

apacheの拡張機能をインストール
yum install httpd-devel

mod_monoのソースをダウンロードして、ビルド&インストール
wget http://download.mono-project.com/sources/mod_mono/mod_mono-2.10.tar.bz2
tar jxvf mod_mono-2.10.tar.bz2
cd mod_mono-2.10
./configure --prefix=/opt/mono
make
make install
cd ..

httpd.cofの末尾にmod_mon.confのインクルードを追加。
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
  :
  :
  :
Include /etc/httpd/conf/mod_mono.conf

Apacheの再起動
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

以上で設定は完了。

cf.
CentOSにMonoでASP.NET環境を構築
posted by rocknfields at 21:53| Linux Server

yumインストール on GMO VPS(VZ)

GMO VPS(VZ) には yum がインストールされていない。
以下、インストール手順。

必要なrpmをダウンロードして、インストール。
cd /usr/local

wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/yum-3.2.22-40.el5.centos.noarch.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-elementtree-1.2.6-5.x86_64.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-iniparse-0.2.3-6.el5.noarch.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-sqlite-1.1.7-1.2.1.x86_64.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-urlgrabber-3.1.0-6.el5.noarch.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/yum-fastestmirror-1.1.16-21.el5.centos.noarch.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/yum-metadata-parser-1.1.2-4.el5.x86_64.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5/os/x86_64/CentOS/m2crypto-0.16-9.el5.x86_64.rpm

rpm -ihv python-elementtree-1.2.6-5.x86_64.rpm
rpm -ihv python-iniparse-0.2.3-6.el5.noarch.rpm
rpm -ihv python-sqlite-1.1.7-1.2.1.x86_64.rpm
rpm -ihv m2crypto-0.16-9.el5.x86_64.rpm
rpm -ihv python-urlgrabber-3.1.0-6.el5.noarch.rpm
rpm -ihv yum-metadata-parser-1.1.2-4.el5.x86_64.rpm
rpm -ihv yum-3.2.22-40.el5.centos.noarch.rpm yum-fastestmirror-1.1.16-21.el5.centos.noarch.rpm

バージョン確認
yum --version

cf.
[CentOS] yumが使えないときにyumをインストールする方法
インストール会員No.1 yumをインストール
posted by rocknfields at 18:33| Linux Server

2012年11月21日

正規表現によるメールフィルタリング on GMO VPS(VZ)

VPS(VZ)標準のコントロールパネルにおけるメール設定では、フィルタリングに正規表現が使用できない為、迷惑メールなどの詳細なフィルタリングが出来ない。
以下、Postfixのフィルタリングで設定を行う際の備忘録。

◆フィルタリングの有効化

デフォルトでコメントアウトされているので、先頭の#を削除する。
(ヘッダーでのフィルタリングを有効にした例)

vi /etc/postfix/main.cf
  header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks
  #body_checks = regexp:/etc/postfix/body_checks


◆正規表現によるフィルター条件の設定

末尾にフィルター条件を追加

vi /etc/postfix/header_checks
/^From:[\s<]\d+@yahoo\.com/ IGNORE      ←@の左辺が数字のみのyahoo.comからのメールを無視

REJECT : 受信拒否(送信元にエラーを返す)
IGNORE : 受信して破棄(送信元にエラーを返さない)
OK : 受信許可

◆設定をリロード

# /etc/rc.d/init.d/postfix restart

cf.
Postfixのフィルタリング設定 - スパム・迷惑メール対策、受信拒否
はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
posted by rocknfields at 23:48| Linux Server

2012年10月23日

サブドメイン追加 on GMO VPS(VZ)

GMO VPS(VZ)でサブドメインを追加する際の手順。

◆コントロールパネルでサブドメインを登録

VPS Controlpanel にログインし、「ドメイン設定」−「基本設定」を開き、サブドメイン名を追加する。
この作業で、以下の操作が自動的に行われる。

  • DNSへの登録

    ※DNSの更新は数分から10分程度かかる。それまでは名前解決されないので注意!

  • サブドメイン名フォルダの作成

    ※サブドメイン名を test.abc.com とすると、/var/www/vhosts/test.abc.com が作成される。


  • ◆Appacheへのサブドメイン追加

    末尾付近にエントリを追加(サブドメイン名が test.abc.com、コンテンツを httpdocs に配置する場合の例)

    /etc/httpd/conf/httpd.conf
    <    VirtualHost *:80>
        DocumentRoot /var/www/vhosts/test.abc.com/httpdocs
        ServerName test.abc.com
    </VirtualHost>


    ◆Appacheの再起動

    # /etc/rc.d/init.d/httpd restart


    以上で、http://test.abc.com/ へアクセスし、Appacheの初期画面が表示されればOK。
    posted by rocknfields at 19:49| Linux Server

    2012年09月22日

    GroupSession Server on GMO VPS(VZ)

    GMO VPS(VZ)へGroupSession(フリーのグループウェア)環境を構築した際の備忘録です。

    ◆Javaのインストール

    (1) ダウンロード
    OracleサイトからJDK6の64bit版rpm(jre-6u35-linux-x64-rpm.bin)をダウンロード。

    開発も行う環境が必要なら、JRE6のrpm(jdk-6u35-linux-x64-rpm.bin)を使用する。

    (2) サーバーへコピー
    FTP等でダウンロードしたrpmを /usr/java へ置く。

    (3) インストール
    rpmへ実行権を付与し、起動する。

    # cd /usr/java
    # chmod +x jre-6u35-linux-x64-rpm.bin
    # ./jre-6u35-linux-x64-rpm.bin

    上記でカレントディレクトリ(/usr/java)下に、以下が作成されていればOK。
    ・jre1.6.0_35 ディレクトリ(Javaモジュールの実体格納先)
    ・default シンボリックリンク( -> /user/java/jre1.6.0_35)

    (4) 環境変数追加
    末尾付近に下記を追加。

    /etc/profile
    export JAVA_HOME=/usr/java/default
    export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar


    (5) 環境変数の反映

    # source /etc/profile

    (6) 環境変数の確認
    下記コマンドで環境変数の内容を参照し、追加した内容が反映されていればOK。

    # set


    ◆Tomcatのインストール

    (1) モジュールのインストール
    (ダウンロード/解凍/シンボリックリンク作成/ダウンロードファイルのファイル削除)

    # cd /usr/local
    # wget http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-6/v6.0.35/bin/apache-tomcat-6.0.35.tar.gz
    # tar zxvf apache-tomcat-6.0.35.tar.gz
    # ln -s tomcat ./apache-tomcat-6.0.35
    # rm -f apache-tomcat-6.0.35.tar.gz

    (2) 接続ポートの変更
    GMO VPS(VZ)では8080が他で使用されている為、ポートを変更する必要あり。
    解放可能なポートは10000〜12000とされているので、適当なポート番号を決め、当該箇所を変更する。
    (以下は10001を使用した場合の例)

    /usr/local/tomcat/conf/server.xml
    <Connector port="10001" protocol="HTTP/1.1" ...
    <Connector executor="tomcatThreadPool" port="10001" protocol="HTTP/1.1" ...

    (3) Tomcatの再起動

    # /user/local/tomcat/bin/shutdown.sh
    # /user/local/tomcat/bin/startup.sh

    (4) 動作確認
    下記URLで、Tomcatのデフォルトページが表示されればOK。

    http://ドメイン名:10001/


    ◆GroupSessionのインストール

    (1) ダウンロード

    # cd /usr/local/tomcat/webapps
    # wget http://www.gs.sjts.co.jp/v4/download/gsession.war

    (2) 動作確認
    下記URLで、ログインページが表示されればOK。
    (warファイルが自動的に展開される)

    http://ドメイン名:10001/gsession/


    ◆ApacheとTomcatの連携

    (1) ProxyPassの有効化
    以下の2行がコメントアウトされているので先頭の#を削除して有効化。

    /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf
    ProxyPass /tomcat/ ajp://localhost:8009/
    ProxyPass /examples/ ajp://localhost:8009/examples/

    (2) 連携の確認
    以下のURLでtomcatのデフォルトページ、及び、サンプルページが表示されればOK。

    http://ドメイン名/tomcat/
    http://ドメイン名/tomcat/examples/

    (3) GroupSession用ProxyPassの追加
    下記を末尾に追加。

    /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf
    ProxyPass /gsession/ ajp://localhost:8009/gsession/

    (4) 動作確認
    以下のURLでGroupSessionのログイン画面が表示されればOK。

    http://ドメイン名/gsession/


    ◆Tomcat起動スクリプトの作成

    (1) スクリプトファイルの作成
    以下のスクリプトファイルを新規作成する。

    /etc/rc.d/init.d/tomcat
    #!/bin/bash
    #
    # Startup script for the tomcat
    #
    # chkconfig: 345 80 15
    # description: Tomcat is a Servlet+JSP Engine.

    # Source function library.
    . /etc/rc.d/init.d/functions
    source /etc/profile.d/tomcat.sh

    start(){
    if [ -z $(/sbin/pidof java) ]; then
    echo "Starting tomcat"
    /usr/local/tomcat/bin/startup.sh
    touch /var/lock/subsys/tomcat
    else
    echo "tomcat allready running"
    fi
    }

    stop(){
    if [ ! -z $(/sbin/pidof java) ]; then
    echo "Shutting down tomcat"
    /usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
    until [ -z $(/sbin/pidof java) ]; do :; done
    rm -f /var/lock/subsys/tomcat
    else
    echo "tomcat not running"
    fi
    }

    case "$1" in
    start)
    start
    ;;
    stop)
    stop
    ;;
    restart)
    stop
    start
    ;;
    status)
    /usr/local/tomcat/bin/catalina.sh version
    ;;
    *)
    echo "Usage: $0 {start|stop|restart|status}"
    esac

    exit 0

    (2) スクリプトのテスト
    以下でTomcatの起動/停止/再起動/ステータス表示が出来ればOK。

    # /etc/rc.d/init.d/tomcat start
    # /etc/rc.d/init.d/tomcat stop
    # /etc/rc.d/init.d/tomcat restart
    # /etc/rc.d/init.d/tomcat status


    ◆Tomcatの自動起動

    (1) chkconfigでの起動スクリプトの追加と自動起動設定

    # chkconfig --add tomcat
    # chkconfig tomcat on

    *Note
    SuperUserになる際、"su -"とすると、一般ユーザー環境を引き継がないので、/sbin へのパスが通った状態となる。
    "su"だけでSuperUserになった場合、パスが通っていないので、/sbin/chkconfig とする必要あり。

    (2) 自動起動設定確認
    Level2〜5がonであればOK。

    # chkconfig --list tomcat
    tomcat 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off


    以上で設定は完了。

    cf.
    “安全”のためにTomcatを理解し、構築し、動作させる
    Javaアプリケーションサーバー構築(Tomcat6)
    posted by rocknfields at 23:40| Linux Server